×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Googole に関するサイトです。googole のさまざまなサービスやgoogoleに関する情報をご紹介します。

Googole.biz

Googoleに 関するサイトです。

Googoleの様々なサービスやGoogoleに関する情報をご紹介します。

  

Googole について

googole(グーグル)は、アメリカ合衆国のソフトウェア会社、また は、同社の運営するインターネット上での検索エンジンに分類されます。

今では、googoleを知らない人はほ とん どいないでしょうね。

インターネットを使う99.9%の人は、まず間違いなくgoogoleを知っていることで しょう。
もはや、googoleという会社を知らない人は、現代人ではないと言い切ってしまっても、過言ではないでしょう。

googoleの検索エンジンは、独自に開 発 したプログラムが、世界中のウェブサイトを巡回して情報を集め、検索用の索引を作り続けています。

その独自開発 したプログラムは、ブラックボックスの中に入っており、プログラムが外部に漏れないように厳重なセキュリティーで管理されています。

googole の検索エンジンは、およぞ30万台程のコンピュータが昼夜を問わず、ずっと稼動しているといわれています。

googole では、 30万台というコンピュータを扱っているわけですから、管理も大変なんでしょうね。
何でも、電気代が年間で相当なものですから、電気 は自前のソーラーパネルで供給しているらしいですね。
googoleは、エコにも考えている会社なんですね。
そ の点も、googoleのポリシーの一貫なんでしょうか。

googoleのポリシーのすごさに脱帽してしまいま す。

googoleの収益源のひとつとして、検索結果の表示画面や提携したウェブサイト上に広告を載せること で、収益の大部分をあげています。

googoleは、検索エンジンとしては、2002年には世界で最も人気のあ るものになり、AOLなどのクライアントを通じてインターネット検索のトップを占めるまでになっています。

アメ リカでも文句なく、googoleがシェアトップなのですが、日本では、Yahoo! JAPANに次いでシェア2位になっています。

googole といえども、他国でシェアトップを取るということは、簡単ではないということでしょうか。
でも、日本にかんしては徐々に googoleのシェアを伸ばしているので、近々シェアが大きく塗り替えるかもしれません。

さらに、 googoleの実力なら、日本以外の多くの国でも、トップシェアが取れるのではないでしょうか。

googole なら、そうなっても不思議ではありません。

Googole の社風

googoleの本社の社屋では "Googleplex" の愛称で親しまれています。

この言葉は、googolplex(グーゴルプレックス)の言葉遊びであり、 googoleとcomplexとのかばん語でもあります。

そういえば、テレビでgoogoleの本社の取材を やっていましたが、開放感があり社員がリラックスして、かつ楽しそうに仕事をしていましたね。

googole は、社員のパフォーマンスを最大限引き出せように、会社の環境にかなり配慮しているのが伺えます。

googole では、他の企業なら考えられないようなオフィス環境に遊び心があり、社員の中には、自分のペットまで会社に持ち込んでいる人がいるそうですね。

googole という会社は、太っ腹なんですね〜。

私も、googoleのような社員にとってよい環境の会社で働きたいとつく づく思いました。


ま たgoogoleでは、googole専属の料理人が各国の料理を提供する無料ランチ、フィットネスジムやサウナを完備したキャンパス、定期的に開催され るローラーホッケーの イベントなど充実した福利厚生サービスやおもちゃなど遊び道具を持ち込める社員デスク、ラバライトやゴムボールがあちらこちらに置かれた独特な企業文化で 知られています。

また、NASDAQ市場に公開するに先立ち、無料ランチを継続して提供することを宣言していま したね。

googoleは、社員にとって太っ腹ですよね!

googole 社員が羨ましいです。

ただ、一部では、googoleを、自由な企業文化と肯定的 にとらえる見方がある一方、googoleを、子供っぽいと見られることもあるそうです(ただし、この場合の子供っぽいという表現は必ずしも否定的な意味 を伴うものではない)。
こどもっぽいという意見対しては、googoleに対する単なるやっかみという声もあるようです。

ま た、googoleでは博士号を持つ者も多く、人材採用の面で学歴を非常に重視することでも知られています。

更 に、googoleでは社員の採用の仕方もユニークだと聞きます。
例えば、高速道路の大きな広告スペースを使って、博士号クラスにし か分からないような難しい問題を載せて、その答えがgoogoleの採用を受付する電話番号へつながっていたり、まさにgoogoleはクリエティブな会 社ですね。

また、googoleでは、勤務時間の20%を自分の気に入ったプロジェクトに割くよう義務づける 「20 percent time」というルールがあり、そこからOrkutやGmailなどの実験的サービスが生まれています。

googole のGmailには日ごろからお世話になっているわたしにとっては、googoleの
「20 percent time」というルールには感謝しなくてはいけませんね。
googoleには、Gmailのようなおもしろいく かつ、使い勝手のよいサービスをこれからも提供していってほしいですね。

Googole の名前の 由来

googoleという言葉は、googol (グーゴル)という言葉の綴りまちがいに由来しています。

本来なら、googoleという言葉は綴り間違いのは ずなのに、不思議とグーゴルよりも、googoleのほうが言葉としてしっくりくるのは私だけでしょうか。

逆 に、googoleという言葉の方が本来なら正しいはずなのに、googol(グーゴル)という言葉はなぜかしっくり来ません。

そ もそも。googoleという言葉が出来た始まりは、1997年にgoogoleの創業者であるラリー・ページたちが新しい検索エンジンの名前を考えてド メイン名として登録した際、googol.comをgoogle.comと綴りまちがえたのがその起源と言われています。

グー ゴルという言葉は、アメリカの数学者エドワード・カスナーの甥のミルトン・シロッタによって作られたもので、1グーゴルは10100(1のあとに0が 100個続く数・10の100乗(じょう)と読む)になります。

グーゴルという数はとてもつもない数なんです ね。ここまでくるなにがなんだかとわけがわかりませんね。

現在のgoogoleの検索エンジンを振り返って考えてみると、 googoleがグーゴルという言葉を選んだのも納得させられます。

この言葉に似た言葉を社名に用いていること は、 WWW上の膨大な情報の組織化がgoogoleの使命であることを意図しているとも言われています。

googole の壮大な使命感にはただただ脱帽させられます。

googoleの今後の動向に目が離せませんね!

Googole.bizのTOP へ
Copyright (C) 2007 Googole.biz, All Rights Reserved.
[Link] 照明器具 製作日記 斉藤一人 情報商材レビュー サーチエンジン コンビニ決済 密葬 結婚情報 サービス 高速バス 格安 夜行バス 福岡 愛知 名古屋 歯科 インプラント seo 中古厨房機器 宛名印刷